Wendy-Net トップページ > Woman > Back Number > 薩摩焼絵付け師 室田 志保さん

Woman

BackNumber

薩摩焼絵付け師/室田 志保さん

室田 志保さん
「薩摩ボタンを復活させて…」
Profile

室田 志保さん/薩摩焼絵付け師
1975年鹿児島県生まれ。95年に薩摩焼窯元『橋本陶正山』絵付け部に入社。2004年に鹿児島県青年会議所の海外留学派遣事業留学生に選ばれ、『薩摩焼をインテリアに取り込む』のテーマでイタリア・フィレンツェに短期留学。05年に金沢国内留学、九谷焼人間国宝工房にて技術指導を受ける。同年、薩摩焼窯元『橋本陶正山』を退社し、鹿児島県大隅半島にアトリエを構える。07年に初個展。09年日本ボタン大賞展審査員特別賞優秀賞受賞。


薩摩ボタンとの出合い

薩摩ボタンに描かれるものはさまざま。小さなボタンから薩摩焼独特の細やかな世界が広がっていく1 薩摩ボタンに描かれるものはさまざま。小さなボタンから薩摩焼独特の細やかな世界が広がっていく2
薩摩ボタンに描かれるものはさまざま。小さなボタンから薩摩焼独特の細やかな世界が広がっていく

 薩摩焼の茶道具窯元に絵付けアシスタントとして就職し、8年たったころ、初めて薩摩ボタンという存在を知りました。それまで、白薩摩についてはそれなりに勉強してきたつもりでしたので、ボタンという小さい薩摩焼に衝撃を受けたのを覚えています。

 鹿児島の地域情報誌に「復刻された薩摩ボタン」として紹介されていたのですが、それは手描きのものではありませんでした。すぐさま復刻した会社に連絡し、幕末のころに輸出目的で作られていたという本物の薩摩ボタンは、どこで見ることができるのか聞きました。東京日本橋にある「ボタンの博物館」にあるとのことで、上京したその足で、当時の薩摩ボタンを見に行きました。

 直径5センチほどのそれは、幕末当時の生活風景や花鳥風月が描かれており、その小さな面から宇宙が広がっているような錯覚を起こさせる、本物の薩摩ボタンでした。

薩摩ボタンを復活

桜をイメージした薩摩ボタン
桜をイメージした薩摩ボタン

 それからというもの、何かにつけて薩摩ボタンを描いてみたいという衝動に駆られる日々でした。しかし一度途絶えた技術で資料も何も残っておらず、ボタンの形や絵付けをするに当たっての道具も何もかもが分からないという状況でした。

 まずは、ボタンの形を作ってくれる職人さんを探すことから始めました。10軒以上の窯元を回り、やっと作ってくれる窯元があったのですが、私がミリ単位での注文をお願いすると、あっという間に作ってくれなくなり、途方に暮れました。

 それでも、捨てる神あれば、拾う神ありで、透かし彫りの職人さんが作ってくれるようになり、今ではとても満足いくものが手に入るようになりました。

 それから、薩摩ボタンの絵付けという、極細数センチの自分の世界を表現することになったのですが、私はもともと紋様専門の絵付け師でしたので、メーンの絵を描くに当たってのデッサン力が必要でした。地元の画家からデッサンの指導を受け、それをボタンの描画に生かせるようになるまで、大分時間がかかりました。

 それでも、取りつかれたように薩摩ボタンと向き合う日々。今思えば、夢中でした。こういう時間があったからこそ、今に至っているのだと思います。

 これという当てもなく独立して、アルバイトと絵付けに励む私に、母親は「3年は食べさせてやる。後悔しないようにやり切りなさい」と言ってくれました。

 30歳の娘が結婚もせずに、売れるかも分からないボタンを描く。親としては心配だったでしょう。それでも、元気に絵付けに励めたのは、つくづく母のおかげです。

これからの薩摩ボタン

 その後、初個展も成功し、いろいろな場所での展示会に呼んでもらえたりと、活躍の場はどんどん広がり、私の夢は、もう一度、世界に通用する薩摩ボタンを描くことになりました。

 それと同時に次につなげる薩摩ボタンの伝統のことも意識するようになりました。こんな私にも弟子になりたいと言ってくれる子が出てきて、私も自分の目が見えるうちに技術を伝えたいと思うようになりました。



BackNumber

(無断転載禁ず)