Wendy-Net トップページ > Woman > Back Number > クレイパティシエール 氣仙 えりかさん

Woman

BackNumber

クレイパティシエール/氣仙 えりかさん

氣仙 えりかさん
「永遠にそこにあるお菓子『フェイクスイーツ』」
Profile

氣仙 えりかさん/クレイパティシエール
多摩美術大学立体科卒業。フェイクスイーツ作家・講師として、NHK「土曜スタジオパーク」やTBS「王様のブランチ」に出演。著書に『氣仙えりかのスイーツ型付きフェイクスイーツバイブル』(宝島社)、『氣仙えりかのフェイクスイーツテクニック&アイデアBook』(河出書房新社)ほか4冊。
http://fakesweets.jp/



 

フェイクスイーツづくりって?

 ここ数年「フェイクスイーツづくり」が注目を集めています。

 フェイクスイーツとは、現代の女性のファッションや遊び心が、日本文化である「食品サンプル」の技術と出会って生まれた日本発の最新クラフトであり、本物そっくりのおいしそうなスイーツを作る遊びです。

 大人の女性が楽しめるファッション性やインテリアとして使えるクオリティーだけでなく、初めての方でもそれなりのものが作れる親しみやすさや、バッグチャームなどにして外に持ち出せる堅牢さなどが面白さの秘密かなと思います。

 家庭にあるタワシなどの道具と樹脂粘土を中心に、ありとあらゆる材料を使って作ります。

はじめたきっかけは?

受講生作品
受講生作品

 34歳での結婚をきっかけに、急に女性らしい趣味に興味が湧いてきました。

 その中でも70年代にアメリカで発売されたファッションドールとそのレプリカにとても魅かれ、レトロな雰囲気の写真を撮ったり、ヴィンテージ生地で洋服を縫ったりすることを楽しんでいました。

 ある時、「人形にペロペロキャンディーを持たせたらかわいいな」と思ったのですが、市販のものではぴったりのサイズや色がなく、「世の中にないなら自分で作ってみよう」と樹脂粘土を買って作ってみました。

 今見ると、稚拙ではあるのですが、その時はとてもエキサイティングだったことを覚えています。

 思ったよりも少ない手数でそれっぽく見えることが楽しくて、ほかにもどんどん作りました。それがドール雑誌の編集者の目に留まり、「本を出版してみませんか?」と声をかけていただくことになりました。

 

今までになかった?

『氣仙えりかのフェイクスイーツテクニック&アイデアBook』
/ 河出書房新社
『氣仙えりかのフェイクスイーツテクニック&アイデアBook』 / 河出書房新社

 ここまで広まってきていることの一つに「身近なものを見立てて、おいしいスイーツに変える」という裏技的な要素があると思います。砂がナッツクランチそのものに見えたり、布巾が10分でカリッとしたラスクに変身したり、接着剤がとろ〜りとろけるチョコに変わったりします。

 その中でも代表的なのは「揉んで楽しめるホイップクリーム」。

 ガラスを枠に固定するための建築用のシリコーンゴムが材料です。ホームセンターなどで数百円から買うことができます。しぼり出すときは本物の製菓用口金や袋でしぼりますが、柔らかく真っ白な風合いは目にも心地良いです。

 固まった後は、気が向いたら揉んでみて、柔らかさや弾力を楽しむことができます。柔らかいものに触れる、ということは癒しにもつながります。作っている時も完成した後も至福のひと時なのです。

 

作る力と癒しの魅力

『e-MOOK氣仙えりかのスイーツ型付きフェイクスイーツバイブル』/宝島社 Photo:横浪修
                        ..........
『e-MOOK氣仙えりかのスイーツ型付きフェイクスイーツバイブル』/宝島社 Photo:横浪修

 震災後、意外なことに教室に通われる人が増え、TV出演も増えました。これは「ゼロから物を作る」という誰もが持っているパワーの再評価と、視覚的、触覚的な癒しや安らぎが求められているということかなと感じました。

 専門の材料や道具がなくても、アイディア次第でかわいいものが作れるので創造力が豊かになります。また身につけていることで、「かわいいね」とコミュニケーションのきっかけになります。家の中と外をつなぐクラフトであり、アイテムである。それが作り手の明日を生きる力になっているのでは、と思います。

 

これからは?

氣仙えりか作品
氣仙えりか作品

 今年はフランスで行われたJapan Expoに行ってきました。フランスでもフェイクスイーツを作っている女の子が多くて感動しました。彼女たちが使う材料は粘土中心でしたが、その土地にあるいろいろな材料で作る楽しさを世界に伝えていきたいと思っています。

 首都圏を中心に全国にフェイクスイーツの教室を開催していますが、来年は名古屋、大阪でもフェイクスイーツの講師を育てる「クレイパティシエール養成講座」を開講する予定です。

 12月7日からは西武池袋本店にて50名の人気作家が参加する販売イベントも開催予定です。ぜひフェイクスイーツを見て触っていただけたらと思います。



BackNumber

(無断転載禁ず)