Wendy-Net トップページ > Woman > Back Number > スイーツデコ作家/関口 真優さん

Woman

BackNumber

スイーツデコ作家/関口 真優さん

スイーツデコ作家/関口 真優
「スイーツデコと出会って」
Profile

関口 真優/スイーツデコ作家
粘土で作るオリジナルモチーフやスイーツデコ雑貨の創作活動の傍らテレビや雑誌、イベントに出演。パステルカラーを基調とした作品作りを愛し、可憐で上品な世界観を表現している。著書多数。現在はスイーツデコを専門的に学べるスクール『関口真優スイーツデコレーションスタジオ』を運営し、大人から子供まで楽しめるスイーツクラフトの認知拡大と指導に努めている。
http://pastelsweets.com



マカロンタワー

マカロンタワー

スイーツデコの魅力

 ケーキ屋のショーケースに並ぶかわいいスイーツには、道行く人の足をふと止めさせる不思議な魅力があります。

 食べるだけでなく、見ても幸せになれるスイーツを いつまでも手元に残せる雑貨にできたらどんなに楽しいだろう?!…と思ったのが、私のスイーツデコレーション(スイーツデコ)制作の始まりでした。

 スイーツデコは、樹脂風粘土を使って様々なスイーツモチーフを作ったり、シリコンシーラントと呼ばれる建築用の充填剤を生クリームに見立てて、携帯電話や小物にデコレーションしたりなど、加工を楽しむクラフトの1つです。マカロン、カップケーキ、ドーナツ、フルーツ、シュークリーム、パフェ…。おいしいスイーツが雑貨に形を変えます。

プロになって

 小さい頃から、かわいいものが大好きでした。ピンク、ふんわりしたもの、レース、リボン…。大人になっても、その気持ちは変わらず、スイーツデコを始めました。スイーツデコは私にとって自己表現です。

 2008年6月の『はじめてのスイーツデコ雑貨』の出版をきっかけにプロとして活動を開始しました。 試行錯誤の上に確立した独自の制作手法(レシピ)と作品で。

ストロベリータルト

ストロベリータルト

特別支援施設でのボランティア講習

特別支援施設でのボランティア講習

 それから1年半の間に、6冊のレシピ本を執筆しました。

 特にプロになってからは、複雑なモチーフも自分だけが作れればいいのではなく、誰でも作れるものを考えるようになりました。「どうしたら作りやすくなるだろう?」と常に試行錯誤しながら制作方法(レシピ)を考えます。

 スイーツデコに興味を持ち、私の本を手に取った方や教室に通う生徒さんが、経験を問わずに、ずっと眺めていたくなるような作品を作り、「スイーツデコって楽しい!もっと作品を作ってみたい♪」と感じてもらうことが、最大の喜びです。

 プロになり、次第に、直接教えてほしいとの声が多くなり、カルチャースクールや専門店などで講師活動を始めました。

 そして2009年11月、千代田区平河町にスイーツデコを専門的に学べるスクール『関口真優スイーツデコレーションスタジオ』を開校しました。

 講座を通じて、本では説明しにくい細かい作業などを伝えることができ、現在、講座を通じて出会った生徒さんは1200名を超えます。スイーツデコを通じ、多くの方に出会い、楽しい時間を共有できることに喜びを感じる毎日です。

 講座終了時に、出来上がった作品を笑顔で眺める生徒さんの表情はとても輝いていて、そんな姿を見るのが、私にとって楽しみの1つとなりました。

 もっと多くの人に、もの作りの喜びを感じてほしいとの思いから、児童福祉施設や特別支援施設などを訪問し、スイーツデコを指導する活動もしています。

2010年東京ガールズコレクション展示品

2010年
東京ガールズコレクション展示品

2010年東京ガールズコレクション

 最近の仕事では、3月6日に横浜アリーナにて開催された「東京ガールズコレクション」に出演しました。多くのお客様の前でスイーツデコのデモンストレーションをしました。

 また、ブースのディスプレイをはじめ、プレゼントなどの制作も依頼され、ディスプレイでは60センチ×100センチ近くの巨大なスイーツデコ四段重ねケーキを制作しました。今までの仕事の中で一番大きいモチーフでやりがいもあり、出来上がったときの喜びも、とても大きいものでした。

今後の活動…

 今後は制作品の販売や、イベント活動などにも力を入れていきたいです。より多くの人にスイーツデコの魅力を知ってもらうため、日々頑張っていきます。







BackNumber

(無断転載禁ず)