Wendy-Net トップページ > Woman > Back Number > ミューズ・インターナショナル 代表取締役/田中 雅美さん

Woman

BackNumber

ミューズ・インターナショナル 代表取締役/田中 雅美さん

ミューズ・インターナショナル 代表取締役/田中 雅美
「テディベアとの出合い」
Profile

田中 雅美/ ミューズ・インターナショナル 代表取締役
横浜市出身。短大美術科卒業後、OLを経て、アメリカに住む両親の環境を生かし、輸入の仕事を始める。雑貨や海外の手作りのアーティストベアなどを仕入れる一方で、テディベア作りに興味を持ち、海外の講習会などや独学にて制作方法を習得。1991年に東京・自由が丘にてテディベア教室をスタート。その後、全国の方が参加できる通信講座を設立。最近では、百貨店などでミューズ・オリジナルベアやテディベア・キットの販売を行いながら、テディベアの普及に努めている。



教室では、身長8㎝のミニチュアベアから、等身大テディベアまで、全230種類のオリジナルキットを使用。初心者から上級者の方まで参加いただいています

教室では、身長8㎝のミニチュアベアから、
等身大テディベアまで、
全230種類のオリジナルキットを使用。
初心者から上級者の方まで
参加いただいています

さまざまなアニマルも制作

さまざまなアニマルも制作

ウエディングベア全18種。お好みのベアが制作できます

ウエディングベア全18種。
お好みのベアが制作できます

 私が初めてテディベアと出合ったのは学生時代、アメリカに住む両親の知人宅に招かれたときのことでした。数十年はたつであろう雰囲気のかわいらしい大きなくまのぬいぐるみ『テディベア』が、ソファーにデンと腰掛け、家族同様に暮らして(?)いました。日本では、ぬいぐるみは子どもの玩具として愛用されていることが多く、そのほとんどが使い捨てのようになってしまっており、子どものころの玩具が何十年も存在していることは稀なことと思われます。アメリカやヨーロッパでは、生まれたときの記念ベアを連れてお嫁に行くこともあるようで、そのお宅のテディベアは「今年20歳になる娘が生まれたときに、祖母からプレゼントされたものなんだよ」と説明され、家族全員に愛されながら時間を過ごしていることに、大きなカルチャーショック を受けました。

 アメリカやヨーロッパでは、ごく普通に『テディベアの文化』として根付いていますが、日本において販売されているぬいぐるみは、そのほとんどがアクリルのファーでできているため、織りが柔らかく、静電気が起き、ほこりがつきやすくなっており、そのほこりが色褪せや、ファーの劣化を早める大きな原因となっています。そのため、たいていのものは破けて綿が出てきてしまったり、手足がもげてしまったりして、そのことが古く存在できない理由となっています。知人宅で出合ったそのテディベアや、アメリカやヨーロッパなどでアンティークとして数十年以上愛玩されるテディベアは、すべて長年愛用でき、織りがしっかりとしていて、毛足が抜けにくく、風合いの良いモヘアなどでできています。アクリルタイプのぬいぐるみに比べ多少高価ですが、アンゴラ山羊の毛で織られたファーは、毛質に脂が含まれているため、静電気が起きにくく、汚れがつきにくいなどの優れた特徴を持っています。また、織りがしっかりとしているため毛足が抜けにくく、綿を固く詰め、長年愛用しても型崩れを起こさないしっかりとしたフォルムに仕上がっています。そして長年愛用しているうちに、手の脂がのり、つやが出たり、時間とともに独特の風合いが加わります。そして、思い出とともに、歴史を刻むテディベアとなっていきます。アンティークベアなどがミュージアムなどでも、ほとんど原型をとどめて存在しているのは、以上のような理由によります。

体重ベア。生まれたときの重さで制作。アクリル(ピンク、アイボリー、キャメル)、モヘア(ベビーピンク、ブロンズ、バニラ)、全6種

体重ベア。
生まれたときの重さで制作。
アクリル(ピンク、アイボリー、キャメル)、
モヘア(ベビーピンク、ブロンズ、バニラ)、
全6種

足底には体重や身長、西暦などが刺繍できます

足底には体重や身長、
西暦などが刺繍できます

 このように、長くご愛用いただけるテディベアの魅力を伝えたくて、教室やモヘアやガラスアイなどの材料のご紹介、上質な材料で制作したテディベアの販売を通じ、テディベアの普及に努めています。教室は、東京、横浜で開催していますが、近くに教室がない、忙しくて教室に通えないといった方のご要望にお応えして、数年前より通信講座も始めさせていただきました。初心者の方から、上級者まで学んでいただく常設教室に加え、最近では生まれたときの重さで制作する体重ベア教室や、結婚式のときに大切なお客様をお迎えするウエディングベア教室が人気です。趣味で楽しみながら制作したい方から、資格を習得し、ご自身で教室を開講していただける『資格認定制度』も設けています。『加盟教室制度』などがあり、資格習得後は、ご自身の教室を当社の豊富な230種類の教材を使用しながら、実施していただけるシステムとなっています。また、資格習得後一部の方には、ミューズ・オリジナルベアの制作スタッフとして働いていただいたり、さまざまな意味でのテディベアの普及に日々励んでいます。

 本当にいいものを長く愛用し、物を大切にすることは、現代社会においても本当の意味でのエコにつながるのではないかと考えています。手作りテディベアの優しさやぬくもり。『本当にいいものを永遠に』をモットーに、これからもテディベアの魅力や優しさを伝えていきたいと思っています。

 教室・通信講座・テディベア材料の詳しい情報は、http://www.muse-inter.co.jpに載せています。テディベアの由来、テディベアの作り方ページやかわいらしい表情の作り方などもご紹介していますので、よろしかったらぜひご覧ください。











BackNumber

(無断転載禁ず)