Wendy-Net トップページ > ちょっと拝見 > ヴェルビュ天王寺(大阪市)

ちょっと拝見

理事長さんに聞きました 管理会社変更事例

ヴェルビュ天王寺(大阪市)

ヴェルビュ天王寺(大阪市)
建設概要
平成8年3月竣工
鉄筋コンクリート造
地上10階建
[総戸数]34戸
大阪市天王寺区
[事業主]環境バイリス研究所

激動の3ヵ月だったそうですが。

 このマンションに入居して5年目を迎えます。第10期の理事長にこの6月になったばかりです。気軽に引き受けたものの、本当に大変な時期に理事長になったものと後悔することもありました。前から分かっていたとはいえ、7月から大規模修繕工事が始まりました。工事期間中は、週1回の現場説明会への参加。平面駐車場に工事の資材置き場と臨時現場事務所設置されるために、平面駐車場利用者の方に立体駐車場への移動のお願いなど。5年に1度の国勢調査の調査員にも理事長として引き受けることになってしまいました。

 何より大変だったのは、管理会社の変更です。連日の打ち合わせ。理事会の開催。9月11日の臨時総会で、10月1日から正式に合人社に管理を委託しました。

 わずか3ヵ月の間に、これほど管理組合の仕事をさせてもらった理事長はあまり例がないのではと思います。

理事長になった際の経緯を教えてください。

 当マンションの役員は、輪番制で回しています。5名の理事が定期総会で選出され、役職は互選で決めています。理事長については、前年度からの経過があり、私が引き受けざるを得ない状況にありました。今年の6月に定期総会があり、総会後、その場で役職を決めました。私が理事長に選出され、理事長の仕事についてあまり理解していないこともあり、気軽に引き受けました。その後、大変な事態になるとは思いもしませんでした。

マンション購入について教えてください。

推古天皇元年(593)に建立された四天王寺

推古天皇元年(593)に建立された四天王寺

 以前住んでいたマンションが子どもの成長で手狭になってきたため、もう少し広いマンションが欲しいと探していました。妻と子どもが何件かの物件を見学。この部屋を見学するなり気に入ってしまい、別件で外出中の私を電話で呼び出しました。用事を終えた私が来るまで、数時間もルーフテラスで過ごしたそうです。最上階、ルーフテラスの広さ、間取りの良さ、内装の仕上がり。ほぼ即決でした。

部屋の中で気に入っているところは?

日本最初の庚甲尊出現の地の庚甲堂

日本最初の庚甲尊出現の地の庚甲堂

 最上階ということもあり、風通しがよく空調機の利用期間が少なくなりました。間取りの良さも気に入っています。台所と和室の間ののぞき窓。和室での飲食のとき、リビング・廊下を回り込まずに物を運べて非常に便利です。なによりルーフテラスが1番気に入っています。東南角に面してL字型になっており、リビング・和室・寝室の3部屋のどこからでも出入りができます。広さも10名以上のお客さんを呼んでのバーベキューパーティが余裕でできるほど。

 眺めもいいです。東は生駒山脈から二上山の山並み。玄関を出た西側の廊下からは、通天閣や四天王寺の五重の塔が見えます。夜間のライトアップ時は特にきれいで、訪れるお客さんは異口同音に見とれるほどです。

組合で取り組んだことはありますか?

 昨年度の理事長はじめ役員の方が非常に熱心に取り組まれ、大規模修繕工事の機運が一気に高まりました。工事開始を間近に控え、2回の臨時総会と5回の理事会を開催。5回の理事会のうち2回が修繕委員会をかねて開催しました。私も修繕委員として理事会にも参加させていただきました。数度にわたるアンケートの実施など、入居者への関心と協力を呼びかけた取り組みが行われました。その間、現副理事長が建築士であったおかげで、入居者一同大変心強く思っていました。適切なアドバイスを受けることができ、非常に幸運だったと感謝しています。全戸調査、建物診断、屋上の不具合発見、管理会社の責任による応急工事など矢継ぎ早の取り組みが行われました。定期総会で大規模修繕を吉原建設にお願いすることが確認され、7月11日から工事が始まりました。工事内容は、足場を組んでの外壁補修・塗装、防水、廊下床シート張り替えなど本当に大規模なものとなりました。予定通り、9月30日に工事は無事完了。副理事長に工事の監理をしていただいたおかげで、外壁塗装の仕上げに光触媒塗装が施されるなど丁寧な仕上がりができたと自負しています。

管理会社の変更について教えてください。

 理事長になった時点では、管理会社の変更までは考えもしていませんでした。きっかけは、管理員さんの退職をめぐっての話し合い。工事が始まる直前の大事な時期に長年勤めてくれていた管理員が退職することが分かりました。入居者に信頼があつい管理人をぜひとも工事が終了するまで慰留するように強く管理会社に申し入れました。しかし慰留することができませんでした。また、ずさんな管理点検も明らかになってきました。数社に管理費の見積もりをとったところ、3割以上も高く管理費を支払っていたことがわかりました。管理会社の言いなりになってきたことは、管理組合としての大きな反省点でもあります。

マンション周辺の環境を教えてください。

庚甲堂の側で湧く「谷の清水」

庚甲堂の側で湧く「谷の清水」

 天王寺駅から歩いて4、5分のところにあります。当然、買い物や通勤・通学にも非常に便利です。また、四天王寺さんへも歩いて5分。散歩や美術館・寺社仏閣の見学など、文化環境もあわせ持っています。しかし、1番の環境は、入居者同士の親密さとマナーの良さにあります。入居当時に、小学校低学年くらいの子どもがエレベーターに乗り合わせた見ず知らずの私に「おはようございます」と元気にあいさつしてくれました。夫婦でよく「ここのマンションの人はマナーがええな」と話合ったものです。

最後に、一言お願いします。

 初代の理事長は、85才のご高齢にもかかわらずさまざまな場面で、縁の下の力となって管理組合を支えてくれています。前理事長も修繕委員として深夜の会合にも嫌な顔ひとつもせず参加してくれます。夜遅くまで打ち合わせをしたり、その後、理事同士で酒を酌み交わしたりと、親睦が深まり、理事長になってよかったと思っています。管理組合としてこれからも、入居者の方が安全で快適な生活ができるように、入居者同士の交流や団結を強めていけるように努力していきたいと思っています。

阪井 茂さん 理事長さんのプロフィール

阪井 茂さん 52才
(さかい しげる)

地方公務員。 甘いものに目がない妻、映画が好きな娘、大学生の息子の4人家族。 趣味はゴルフとウォーキング。

2005年11月掲載