Wendy-Net トップページ > ちょっと拝見 >サニータウン習志野台サンハイツ(千葉県船橋市)

ちょっと拝見

理事長さんに聞きました 管理会社変更事例

サニータウン習志野台サンハイツ(千葉県船橋市)

サニータウン習志野台サンハイツ(千葉県船橋市)
建設概要
昭和56年2月竣工
鉄骨鉄筋コンクリート造
地上8階建、塔屋1階
[総戸数]103戸
千葉県船橋市
[事業主]長谷工不動産

管理会社変更の際のお話をお聞かせください。

エントランスホール

エントランスホール

 前管理会社から合人社に変更するきっかけになったのは、給水設備を更新する際にさまざまな資料に目を通す過程で、過去の疑問点が多々判明し、前管理会社に不信感を抱いたためです。

 管理会社を変更するにあたり、前理事会のメンバーを中心に検討を重ね、数社の中から総合的に判断して、合人社に決定しました。

理事長になられた際のお話をお聞かせください。

 マンションの修繕関係のお手伝いをしたことがあったので、お声がかかったのだと思います。

 マンションの管理に無関心だと、そのつけは組合員に回ってくるので、「自分の財産は自分で守る」という意識を持ちたいと思っています。また、独断的にならないよう、管理組合も組合員の意見を反映しつつ、良い方向へ持っていきたいと思っています。

 当マンションはこれまでの反省を踏まえ、前理事会において管理規約の改正および理事の選任方法の変更などを行い、今日に至っています。

マンション購入についてのお話をお聞かせください。

マンション敷地内の植木

マンション敷地内の植木

 当時(昭和55年ごろ)は、現在ほどマンションの着工数も多くはなく、当マンションは探し始めて1カ月ほどで2番目に見学した物件でした。モデルルームを見ただけで購入を決めました。

 当マンションの購入の決め手になったのは、千葉県であることや電車が開通すること、高速道路のインターチェンジからあまり遠くないこと、埋立地でないこと、鉄骨鉄筋コンクリート造であることでした。

 現在ではリフォームを施し、押入れの段を取り払って、ウオークインクロゼット風にし、便利になり気に入っています。

最近、組合で取り組んでいることや解決されたことがありましたら、お聞かせください。

バリアフリーのアプローチ

バリアフリーのアプローチ

 マンション居住者の防犯・防災意識を高めようと目標を掲げました。しかし、「東京防災」という冊子を各戸へ配布しただけにとどまっているので、近々専門家のアドバイスを受けます。

 また、一部住戸のバルコニーと廊下の境にある防火壁の上部があいていたため、侵入防止柵を取り付けました。

 当マンションは全戸103戸に対し、出入口が1カ所しかありません。有事の時が不安だという居住者の意見を取り入れ非常口を設けることになり、近々工事が始まります。

 また、今年中に分電盤を感震機能付漏電ブレーカーに交換します。

マンション周辺の環境紹介をお願いします。

船橋日大前駅前の商業施設 近隣のホームセンターとスポーツクラブ

船橋日大前駅前の商業施設

近隣のホームセンターとスポーツクラブ

 当マンションの分譲時の北側は、深い森でした。それから15年後に、待ちに待った東葉高速鉄道が開通しましたが、最寄りの船橋日大前駅に行くには、日本大学に沿って歩いて現在の西口へ行っていました。今は、駅近くの遊歩道周辺以外の木々は伐採され、広いアスファルトの道ができ、駅の東口が開設され、車でも行けるようになりました。

 道に沿った場所にスーパーができ、また、ここ5、6年でホームセンターやスポーツクラブ、コンビニエンスストアなどが徒歩約5分程度の場所にできたので、日常生活も便利になりました。緑は少なくなりましたが、時々キジの鳴き声が聞こえ、駅の近くで見かけることもあります。


岡本 美智子さん 理事長さんのプロフィール

岡本 美智子さん 70才
(おかもと みちこ)

現在は、二男と暮らす。
気の向くままに街中や森の中などを散策したり、ドライブで東京の東雲あたりの夜景を見に行ったりするのが好き。

2016年11月掲載