Wendy-Net トップページ > ちょっと拝見 > ヴィラージュ・ヴェール(東京都東村山市)

ちょっと拝見

理事長さんに聞きました 管理会社変更事例

ヴィラージュ・ヴェール(東京都東村山市)

ヴィラージュ・ヴェール(東京都東村山市)
建設概要
1・3番館 平成8年11月竣工
2・4・5番館 平成9年7月竣工
6〜7番館 平成10年10月竣工
8〜10番館 平成11年11月竣工
1〜9番館 鉄骨鉄筋コンクリート造
10番館 鉄筋コンクリート造
1〜9番館地上11階建
10番館 地上6階建
[総戸数]769戸
東京都東村山市
[事業主]日本ランディック、東洋不動産、新日本製鐵、平和不動産、アーバンライフ、長谷工アーベスト

管理会社変更の際のお話をお聞かせください。

ヴィラージュ・ハウス

ヴィラージュ・ハウス

 本年4月より、管理会社を合人社に変更しました。管理会社変更の際に大きなトラブルもなく、現在順調に管理業務を行っていただいています。管理会社変更に伴い、マンション内にあるショップの窓口業務が延長され、朝7時〜夜9時までとなり、とても便利になりました。また、24時間管理員が常駐し、定期的に巡回をすることで不測の事態があった際に備えていただき、助かっています。

理事長になられた際のお話をお聞かせください。

 当マンションは毎年役員が交代して管理組合を運営しています。1番館〜10番館まで、棟ごとに2名または3名の役員を選びます。合計25名の中から理事の役職を決定します。

 私は今年の1月に役職を決める際、ジャンケンで負けてしまい、理事長になりました。しかし、理事長を引き受けたからには、住民の方がより良いマンション生活を送れるよう、お手伝いをしたいと思います。

マンション購入についてのお話をお聞かせください。

 結婚してからずっと社宅住まいでした。上の子どもが小学校にあがる時、良い機会なので購入しようと決めていました。

 マンション探しに半年から1年をかけました。場所は広範囲で、武蔵野市から東大和市、東村山市、立川市といろいろな物件を見て、その中から当マンションに決めました。緑が多く、周辺に小中学校があること、妻の実家から近いことが決め手となりました。

お部屋の中で気に入っているところ、工夫されたところはありますか。

 居間が広いので家族が集まって過ごすのに大変重宝しています。台所が少し狭いので、もう少し広くしたいという気持ちがあります。

 入居してからリフォームはしていません。家具はマンション購入前から使用しているものなので、本来なら部屋に合わせて揃えたいところです。

マンションの共用部分、付属施設などで気に入っているところはありますか。

ローズ・ゲート

ローズ・ゲート

緑風庵

緑風庵

 当マンションには多くの共用施設があります。パーティールーム、クラフトルーム、多目的スタジオ、音響ルーム、カラオケルーム、キッズルーム、緑風庵、元気の広場、井戸端広場などです。緑風庵は和室です。申し込みをすると、布団も常備されていて、泊まることもできます。理事が1番よく利用するのが多目的スタジオです。使用料は掛かりますが、静かな環境です。

管理組合で取り組んでいることはありますか。

 現在1番の懸案は、大規模修繕工事です。2年ほどかけてようやく施工会社が決まり、今年8月から来年の6月ごろまで長期間工事が実施されます。

 住民の関心も高く、どのように仕上がるのか不安もありますが、より良い住環境になるように施工会社、設計管理会社、当マンションの理事会で協力して、無事故で完了させたいと思っています。

 バリアフリー化も今後の問題と捉えていますが、段差がある箇所を改造するのはコストが掛かるため、当面は試験的にスロープを設置することを検討しています。

 また、当マンションには緑化委員会があります。造園業者と一緒に皆さまの共有財産である緑を大切に、心地良い住環境づくりを心掛けながら活動しています。さらに、駐輪駐車専門委員会もあり、レンタル自転車導入・臨時駐車場設置などに取り組んでいます。特にレンタル自転車は好評で、多くの方が利用しています。

マンション周辺の環境紹介をお願いします。

東村山中央公園

東村山中央公園

 当マンション周辺には学校が多くあります。私立高校が3校、都立高校が1校のほか、小中学校も当マンションの子どもたちが通う南台小学校や東村山第一中学校が近くにあり、子どもが通学するには大変便利です。

 最寄り駅までは、徒歩10分〜15分で、通勤や通学に不便はありません。また、周辺にはスーパーやコンビニ、東村山中央公園などもあり、住みやすい地域です。


池田 一彦 理事長さんのプロフィール

池田 一彦さん 49才
(いけだ かずひこ)

会社員。通信サービス業。特技は水泳。生まれも育ちも伊豆大島。最近は、マイバットを持参してバッティングセンターで汗を流している。

2010年11月掲載