Wendy-Net トップページ > ちょっと拝見 > 鴨池ニュータウンサンハイツ第2住宅(鹿児島市)

ちょっと拝見

理事長さんに聞きました 管理会社変更事例

鴨池ニュータウンサンハイツ第2住宅(鹿児島市)

鴨池ニュータウンサンハイツ第2住宅(鹿児島市)
建設概要
昭和56年8月竣工
鉄筋コンクリート造
地上5階建
[総戸数]110戸
鹿児島市
[事業主]日本住宅公団

管理会社変更の際のお話をお聞かせください。

 当マンションは、昭和56年当時の日本住宅公団により建設されたものです。住宅管理業務については、県の住宅管理センターが行っていましたが、平成16年に住宅管理センターが管理業務から撤退することになり、民間業者を探すことになりました。

 当時、管理組合では大規模修繕工事の計画が進行中でしたが、臨時総会で工事計画が認められず流会となり、新役員のもとで大規模修繕工事計画の策定や、管理業者の選定を並行して行わなければならないという大変な状況でした。

 そこで、県内外の管理業者を100あまりリストアップし、逐次検討を重ねた結果、最終的に合人社計画研究所を含めた3社までに絞りました。そして、臨時総会で話し合った結果、近隣の団地を管理している実績があることと、管理業務の委託料が1番安かったということで合人社計画研究所に決定しました。

マンション購入時のお話をお聞かせください。

 当マンションの1階は庭付きで、ほとんど一戸建てと変わらない建物でしたので、1階を希望していました。抽選結果の発表が海外出張中で、抽選に当たっているかどうか気になり、イギリスから国際電話で結果を聞いたところ、当たったとのこと。購入することになりました。どの部屋もベランダがあるので気に入っています。

当管理組合で解決されたこと、また、現在取り組まれていることはありますか?

マンション前の道

マンション前の道

 当団地も築後25年を経過しており、今回、大規模修繕工事を行いました。理事の中に複数の実務経験者がおり、またマンション修繕工事に必要な資格を持ったタク・セツ社が設計管理を行ったため、特に修繕委員会を設けなくても専門的な検討を行うことができました。また、修繕工事ではあまり例をみないことですが、理事長が工事発注者となり、それぞれの専門業者に分離発注を行いましたので、工事費も大幅に削減することができました。

 また、今後の大規模修繕工事を10年スパンで行うか15年スパンで行うかについて論議を重ねたところ、10年スパンよりも15年スパンの方が工事費、特に足場の設置など大幅に軽減されること、優良な資材を使用すれば耐久年数が15年は保たれるということだったので、外壁の塗料などは県内初の材料を使用しました。

 建物などの整備は一段落しましたので今後は、建物階段や周辺に放置されている自転車やオートバイを整備するために、新たに駐輪場を設置すること、また、消防計画に基付き各訓練などを行うことに取り組んでいます。

 建物周辺の植栽のあり方については、アンケート調査の結果、緑だけでなく、花と香りのある樹木を増やすこと、既存の樹木は丸刈りにするのではなく、なるべく自然の樹形とするなどの意見もあり、そのような方向で実施しています。

合人社の管理はいかがですか?

 今回の大規模修繕工事を行うために2年間で約90回の理事会を行いましたが、その都度合人社からも参加してもらいました。アンケート調査により組合員の意見をきめ細かく聞いたり、組合運営のあり方をできる限り透明化し、広報活動をすばやく行ったりしたこと、新しい役員のもとであらゆる調査・検討・設計・見積もりの作成・公庫金の借り入れなどを含め、献身的なご協力をいただきました。

 このように組合員、理事会、管理業者、工事施工業者の4者が一体となれたことが大規模修繕工事の成功の原因であり、そのことにより信頼性が高まってきたものと思われます。その精神が現在も引き継がれています。

 さらに管理員の仕事ぶりや、あいさつなどが組合員に好感を持たれています。

マンション周辺の環境紹介をお願いします。

駐車場

駐車場

 戦後まもなく建設された真砂地区と空港移転後に開発された鴨池新町地区はともに、旧海軍航空隊の跡地にあり、約5000世帯が立地しています。

 県庁をはじめ県警本部、農協や水産会館自治会館水道局、日赤医師会病院などの公共施設および、民間商業ビル、スーパーマーケットやコンビニなども数多くあります。

 交通の便も市内各方面行きや空港バスがあり、大隈半島へのフェリーの発着場も近くにあります。

 東に錦江湾に浮かぶ雄大な桜島を望み、特にその桜島の横からポッカリ顔を出す満月が入り江に影を落とすとき、海面が金色に輝き、その美しさは例えようもなく、まさに全国屈指の絶景です。

 当マンションは、その地区の中心あたりに位置し、緑の木立に囲まれ静かな佇まいを見せています。

 鹿児島県の自慢といえば、明治維新のとき、西郷隆盛、大久保利通をはじめ数多くの人材を輩出したことでしょう。食べ物では最近ブームとなっている黒毛和牛、黒ぶた、黒酢、黒砂糖など全国に有名な黒ブランドの食材や、海産物としてキビナゴの刺身やかつお節の生産も日本一を誇っており、山海の珍味に恵まれた環境にあります。

山口 優さん 理事長さんのプロフィール

山口 優さん 73才
(やまぐち まさる)

自営業。 夫婦2人暮らし。趣味は旅行と園芸。

2006年8月掲載