Wendy-Net トップページ > ちょっと拝見 > ハイテラス金沢文庫(神奈川県横浜市)

ちょっと拝見

理事長さんに聞きました 管理会社変更事例

ハイテラス金沢文庫(神奈川県横浜市)

ハイテラス金沢文庫(神奈川県横浜市)
建設概要
昭和62年2月竣工
鉄骨鉄筋コンクリート造
地上10階建塔屋2階
[総戸数]340戸
神奈川県横浜市金沢区
[事業主]伊藤忠商事(株)

管理会社を変更された経緯についてお聞かせください。

 管理会社を変更したきっかけは、急速に成長を遂げている合人社計画研究所という会社に興味を持ったことが始まりです。新聞、雑誌などで調べていくにつれ、管理業務内容の充実さ、会社としての誠実さが強く感じられまた。そこで、前理事会及び管理委託業務再検討委員会にて検討した結果、大手各社を押しのけて、管理組合の総会にて合人社計画研究所へ管理会社を変更することが決議されました。

 今年の7月より合人社計画研究所へ管理をお任せしていますが、前管理会社(大手デベロッパー系の会社)のときと比べ、管理の充実ぶりが肌で感じられるようになりました。管理会社が変わるだけでこうも変わるものなのかと驚いていす。

 個人的には管理員の能力・行動力ともにすばらしいものを感じています。また、清掃員を継続雇用していただき、マンションは清潔感あふれるものになっています。

最近、管理組合で取り組まれていることは?

納涼祭

納涼祭

 住環境の整備を中心に取り組んでいます。給水設備については、築14年も経つことから、給水管の劣化が心配されるため、給水管の更新、もしくは赤錆除去機器の取付を検討しています。

 また、防犯対策として、公園の照明の明るさをアップさせることも検討中です。

 公園内の循環池は、この夏に復活させました。実は、数年前のO-157事件以来、保健所からの要請で自粛していたのです。復活させてからは、大人から子どもまで、大変好評です。

 今後は、必要な小修繕工事は、どんどん実行していくつもりです。傷口は小さいうちに処置すれば、比較的費用もかからないでしょうし、逆に放っておくことで将来莫大な費用がかかるというようなことは、絶対に避けたいと考えています。

 現在、自治会長と協力し全国的にも珍しい、地域猫の問題に取り組むためマンション内でボランティアを募り、問題解決に取り組もうと考えています。

マンションで一つの自治会が形成されているそうですが?

復活した循環池

復活した循環池

 当管理組合の役員は、自治会の役員も兼務しています。先日、マンション内で納涼祭を実施しました。今回は、初めて隣の町内会の方からおみこしをお借りし、子どもたちみんなで担いでもらいました。子どもたちも、めったに経験できることではないため、我先にと担いでおり、大変楽しそうでした。

 また、役員を中心に出店(焼き鳥、フランクフルト、かき氷、ヨーヨー釣りなど)を運営し、こちらも大繁盛でした。来年はもっと盛大にやろうという声が、全役員の口から出ていましたね。

 12月には、防災訓練の一環として、炊き出しを行います。このとき、もちつきをしたおもちととん汁を参加者に振舞うのですが、いずれも本格的なもので、大変評判がよく、納涼祭と並んで当マンションの2大イベントとなっています。

お部屋の中で気に入っているところは?

 購入後にバス・トイレなどを改装したり、全面フローリングにしたりするなど、相当なお金をかけてリフォームしました。そのため住み心地は快適です。

マンションの共用部分で気に入っているところは?

 緑が多く、広々とした公園と、そこを流れる循環池ですね。殺伐とした世の中ですが、公園を通るたびに心がなごみます。

飯野 弘さん 理事長さんのプロフィール

飯野 弘さん 63才
(いいの ひろし)

奥様と17歳になる飼い猫との3人(?)暮らし。毎朝四時ごろおなかをすかせた猫に起こされ、共用廊下の電燈が切れかかっているのを発見したこともあるとか。休日にはお孫さんと近くの海へ釣りに出かけるなどして過ごしている。

2001年10月掲載