Wendy-Net トップページ > ちょっと拝見 > 町田パインマンション駅前通り(東京都町田市)

ちょっと拝見

理事長さんに聞きました 管理会社変更事例

町田パインマンション駅前通り(東京都町田市)

町田パインマンション駅前通り(東京都町田市)
建設概要
平成9年3月竣工
鉄骨・鉄筋コンクリート造
地下1階/地上15階/塔屋1階建
[総戸数]90戸
東京都町田市
[事業主]三井松島産業(株)

利便性の高い都市型マンション

 当マンションはJR町田駅から徒歩8分、戸数90戸の都市型マンションです。すぐ近くにコンビニエンスストアやサウナなどもあり、利便性の高さが購入の決め手となりました。

 駅前周辺は、大型デパートやディスカウントショップなどが多いので、買い物をするにはとても便利ですし、大変暮らしやすいところです。こちらに越してからも、駅ビルや大型カメラ量販店などがオープンしました。また、駅へ向かう途中には、蔵書80万冊を誇る町田市立中央図書館があり、そのほか周辺の公共施設も充実しています。

 さらに、駅周辺の再開発事業も進行していて、これからどう変わっていくかが楽しみな街でもあります。

 また、生活するのに便利なだけでなく、都心に出るにも横浜に出るにもアクセスがよいという点も、当マンションのよいところだと思っています。

 ただ、当マンションの面している町田街道は交通量が多く、騒音がすごいので、窓やバルコニーのサッシを二重にしようと考えているところです。

 天気のよい日には、マンションから横浜ランドマークタワーや新宿高層ビル群を望むこともでき、住まいとしてはとても快適です。

管理会社を替えて修繕積立金も十分に

 前管理会社の不透明でずさんな体質が問題となり、入居者で投票した結果、3年目の平成11年8月から合人社計画研究所に管理をお願いすることになりました。早い段階で管理会社を替えることができたため、管理委託料も前管理会社のときより約半分になり、修繕積立金を十分に蓄えることが可能となりました。

 しかしながら、管理会社に関わること以外にも、まだまだ取り組むべき問題があるのが現状です。入居以来懸案になっていた駐輪場の自転車の問題や、最近増えつつあるピッキング(空き巣)被害問題などが挙げられます。現在、ピッキング問題に関しては、管理組合負担による全住戸のかぎの取り替えを対策のひとつとして検討しているところです。

 これからも、入居者の方々にとって安全で住みやすく、また資産価値の高いマンションにするため、理事の方々と協力しあっていきたいと思っています。

大里 義光さん 42才 理事長さんのプロフィール

大里 義光さん 42才
(おおさと よしみつ)

大里さんは、レコード鑑賞とサイクリングがご趣味だそうです。天気のよい日には、自転車で周辺を散策したり、時には高尾山や江ノ島まで足を伸ばしてリフレッシュされるそうです。

2000年8月掲載