高野優さんの「迷える子育て」 高野優さんの「迷える子育て」
育児漫画家 高野 優さん

高野 優さん/育児漫画家

デザイン事務所を経て、フリーのイラストレーターになり、結婚を機に漫画家へ。NHK教育テレビにて「土よう親じかん」(2008年4月〜09年3月)、「となりの子育て」(09年4月〜11年3月)の司会を務め、子育てパパ・ママからの支持も厚い。著書は、「思春期ブギ」(ジャパンマシニスト社)、「よっつめの約束」(主婦の友社)など、約40冊。台湾や韓国などでも翻訳本が発売されている。

公式ホームページ:http://www.k4.dion.ne.jp/~alamode/

7人目/幼稚園で浮いてしまう子

幼稚園で浮いてしまう子

高野優さんが まだまだお答えします

 

上は5歳、下は3歳の子がいます。下の子がみんなと楽しくやっているときでも、上の子はちょっとしたことでひねくれます。輪から引っ込み、ふてくされたと思ったら、次にはその場でひっくり返って泣きわめきます。1日に何度も、また、その時間が長いのです。叱ってみたり無視してみたりするのですが、一向に改善しません。終わった後、本人はケロリとしていますが、周りは不愉快です。一体どうしたらいいのか。(シティトリエ旭(広島県福山市)悩めるバーバ)

うーん…。それまでは自分が世界の中心にいたのに、突然あらわれた新参者!みんなの注目が一気に自分から離れたような気がして、つらいのかも。上手に言葉にできないから、ひねくれちゃうような気がします。
ふてくされるのも、泣きわめくのも、『もっと私を見て!』のサイン。大人が思っているよりも、子どもは自分を見てもらいたくて必死なはず。
どうか不愉快だなんて思わないで、ぎゅーっと抱っこしてあげてくださいね。

うちの子は小学校低学年ですが、自分に自信が持てないのか、失敗が恥ずかしいと考えているのか、授業で手を挙げたり、スポーツやボール遊びでも自分から「やろう!」と言ったりすることがありません。特に、初めて見る食べ物や遊びに関しては、かたくなに嫌がります(食べられない!できない!といった具合に)。そんなときは、どんな言葉掛けをしたら良いのでしょうか。(ロイヤルパレス曙町(広島市)オクラ)

自分に自信を持っていて、失敗もなんのその。チャレンジ精神や好奇心も旺盛で、いつだってリーダーシップ!
親の求める子ども像って、こんな感じ?でも、実際はそんなお子さん、ほんの一握りのはず。
オクラさんのお子さんは、思慮深くて周りをきちんと見ているだけなのかも。それもまた個性。
「やろう!」よりも「やってみる?」という声かけでいいんじゃないかな。ひとつ成功体験ができると、少しずつかわっていくはず。

 

子どもが、人を噛みます。父親のTシャツは3枚破れました。噛んだ後に「噛んだでしょ」と問いただすと、子どもは「噛んでない」と言います。「二度と駄目だよ。分かった?」と聞くと子どもは「分かった」と言いますが、それこそ1分もするとすぐに噛みます。先日、おいっ子にも噛みついて、そのおいっ子に叩かれたにも関わらずやめません。 前世が、オオカミか、ライオンか、犬かのいずれかだと思って諦めた方がいいのでしょうか。(リーヴス堅田駅前(大津市)キミタン)

お子さんは何歳なのかな?幼児だったら、うまく言葉にできないから、つい噛んでしまうのかも。
ここでキミタンさんがあきらめて、もしもほかのお子さんを噛んでケガをさせちゃったら大変!
噛まれたときは大騒ぎせずに、しっかりと目を見て、「痛いからやめようね」と言い続けるのはどうかなぁ。
キミタンさんのお子さんだもの。前世も、きっとかわいい子どものはずよ。



「迷える子育て」の質問を募集します。子育てに関する悩みをお寄せください。
採用された方には、景品を差し上げます。
住所(マンション名も含む)・氏名・電話番号・年齢・Eメールアドレス(非公開とします)をご記入のうえ、ご応募ください。匿名希望の場合は、ペンネームをご記入ください。イニシャルでも可。
メールアドレスは、編集部からの連絡や、現在月2回のメールマガジンの配信に使います。メールマガジン配信を希望されない場合は、「メールマガジン不要」とご記入ください。
ご記入いただいた個人情報(住所・氏名・電話番号・Eメールアドレス)は、メールマガジンの配信、合人社計画研究所からのご案内などに使用することがあります。
個人情報についてはウェンディ編集部が責任を持って管理いたします。

応募はこちらから

BackNumber