高野優さんの「迷える子育て」 高野優さんの「迷える子育て」
育児漫画家 高野 優さん

高野 優さん/育児漫画家

デザイン事務所を経て、フリーのイラストレーターになり、結婚を機に漫画家へ。NHK教育テレビにて「土よう親じかん」(2008年4月〜09年3月)、「となりの子育て」(09年4月〜11年3月)の司会を務め、子育てパパ・ママからの支持も厚い。著書は、「思春期ブギ」(ジャパンマシニスト社)、「よっつめの約束」(主婦の友社)など、約40冊。台湾や韓国などでも翻訳本が発売されている。

公式ホームページ:http://www.k4.dion.ne.jp/~alamode/

6人目/口癖を真似する子

口癖を真似する子

高野優さんが まだまだお答えします

 

小学2年生の兄が、年長の弟をいじめます。理由もなく突然たたいたり蹴ったり。兄の機嫌がいいときは、仲良し兄弟なんですが。兄は感情の起伏が激しく、かんしゃくを起こすと手が付けられません。兄の機嫌次第でいじめられる弟がかわいそうで。どう対応したらいいのでしょうか。(ジオ千里桃山台(大阪府豊中市)きっこ)

臨床心理士の先生から、「怒っている人は困っている人」と聞いたことがあります。主に保護者に用いることが多いようだけど、お子さんにもあてはまりそう。
きっこさんのお子さん、理由がないんじゃなくて、ホントはなにかあるのかも。上手に言葉で表現できないだけで、実は困っているんじゃないかな? 
その「困り」の紐を、上手にゆっくりほどいてあげられるといいですね。

長男夫婦に、11月で2歳になる第一子の男の子がいます。「あーうー」となかなかおしゃべりしません。理解はしているようですが、言葉にはなりません。気になるので保健センターや小児科へ行ってみれば!?とお嫁さんに言いますが、息子ものんきにとんと気に掛けてない様子です。長男も2歳と遅かったけど、マンマやブーブーくらいは言っていました。診てもらって大丈夫ならいいのに。お嫁さんには、音の出るお話の本と、こどもチャレンジをおねだりされました。(新高レックスマンション(大阪市)Keiサン)

発達のことって、とってもデリケートな問題。
お嫁さんは、ひとから言われたくない!と、壁を作っているのかもしれないし、もしかしたら、ホントにのんきなのかも。1歳半健診ではどうだったのかしら? 
いきなり、「療育のため」と言われたら敷居が高くなるけれど、「成長に寄り添って様子を見るため」にも、保健師さんや専門の先生に相談することを、わたしもおすすめします。

 

4歳になる娘がいます。末っ子の甘えん坊で、いつも母親にくっついてばかりいて他の人にはなかなか懐きません。母親が近くにいないと外で友だちと遊ぶのも嫌がります。来年の春に入園を控えているので、母親のいない幼稚園で友だちとうまくやっていけるか心配です。(ロイヤルクリスタル井口(広島市)よう)

ウチの末っ子も甘えん坊。2歳から入った保育園では、半年間ずーっと泣きっぱなし。
それでも、先生たちのおかげで、ちょっとずつ慣れていき、いつしか、おともだちが大好き!先生が大好き!になりましたよ。
入園前に、心配がひとつもない保護者の方はいないはず。先生と二人三脚をしながら、どうかゆっくりと焦らないでくださいね。ようさんのお子さんにとって、そして、ようさんにとって、たのしい幼稚園生活が始まりますように。



「迷える子育て」の質問を募集します。子育てに関する悩みをお寄せください。
採用された方には、景品を差し上げます。
住所(マンション名も含む)・氏名・電話番号・年齢・Eメールアドレス(非公開とします)をご記入のうえ、ご応募ください。匿名希望の場合は、ペンネームをご記入ください。イニシャルでも可。
メールアドレスは、編集部からの連絡や、現在月2回のメールマガジンの配信に使います。メールマガジン配信を希望されない場合は、「メールマガジン不要」とご記入ください。
ご記入いただいた個人情報(住所・氏名・電話番号・Eメールアドレス)は、メールマガジンの配信、合人社計画研究所からのご案内などに使用することがあります。
個人情報についてはウェンディ編集部が責任を持って管理いたします。

応募はこちらから

BackNumber