高野優さんの「迷える子育て」 高野優さんの「迷える子育て」
育児漫画家 高野 優さん

高野 優さん/育児漫画家

デザイン事務所を経て、フリーのイラストレーターになり、結婚を機に漫画家へ。NHK教育テレビにて「土よう親じかん」(2008年4月〜09年3月)、「となりの子育て」(09年4月〜11年3月)の司会を務め、子育てパパ・ママからの支持も厚い。著書は、「思春期ブギ」(ジャパンマシニスト社)、「よっつめの約束」(主婦の友社)など、約40冊。台湾や韓国などでも翻訳本が発売されている。

公式ホームページ:http://www.k4.dion.ne.jp/~alamode/

5人目/勉強嫌いな子

勉強嫌いな子

高野優さんが まだまだお答えします

 

3歳の子どもがいます。ご飯を食べるのがとにかく遅く困っています。ひどいときなら2時間以上かかることもあります。食べたがらないのならやめるのですが、食べる気はあるらしく、あまりに遅いので片付けようとすると「食べるー」と、大泣きします。粉々になるまでよく噛んでただ遅いだけなんです。来年から幼稚園だし、早く食べる練習も兼ね、時間を決めてやめさせるべきでしょうか、それとも見守るべきでしょうか?(朝日プラザ佐古ラ・トーレ(徳島市)そら)

「見て見ないふり」をするのが、親の精神衛生上、いちばんいいのかも…。3歳児の遊び食べは、そばにいるこっちが疲れてしまうものね。食べるものを粗末にされているようで、気分もよくないし。いっそ、食べているときは見守り半分、見て見ないふり半分でどうかな?そして、タイムリミットはあらかじめ決めて、時間になったら、さっさと片付けちゃう。子どもは泣くかもしれないけれど、すぐに次のことに興味がうつるはず。

孫がご飯を食べないで、お菓子ばかり食べます。栄養の偏りなどとても心配になりますが、きつく叱ることもなかなかできません…。何と言って納得させればいいのでしょうか? 逆に、必要な栄養が摂れるようなお菓子ってないのでしょうか。(グランドパレスプラウド到津(福岡県北九州市)山ちゃん)

娘がお世話になっていた保育園で、園長先生から、「子どもにあげるお菓子は、手のひらにのるぶんだけで十分」とおしえてもらったことがあります。え!?それだけでいいの?と驚いたんだけど、ごはんをおいしく食べるためには、そのくらいでちょうどいいのかも。子どもは不満かもしれないけれど、これしかないよ!と、言い続けていました。あとは、アゴを鍛えるために、かたいお菓子をあげるようにしていましたよ。

 

中学1年生の男の子が理容院や美容院が大嫌いで困っています。散髪は母親がしていますが、下手なのでプロに任せたいのに、どう誘っても理容院や美容院には行ってくれません。(リーヴス堅田駅前(大津市)まろん)

まろんさんのその悩み、何年か先には、とっても懐かしくて、あまい思いでになるのかも。年ごろの男の子が母親に散髪をお願いするなんて、親子関係がうまくいっているからできること。そのうち、恥ずかしくなったり、友達に影響されたり、おしゃれに目覚めて美容室に行きたがるはず。いつになるかはわからないけれど、どうかそれまでは、ママ美容室の看板を堂々とかかげていてくださいね。



「迷える子育て」の質問を募集します。子育てに関する悩みをお寄せください。
採用された方には、景品を差し上げます。
住所(マンション名も含む)・氏名・電話番号・年齢・Eメールアドレス(非公開とします)をご記入のうえ、ご応募ください。匿名希望の場合は、ペンネームをご記入ください。イニシャルでも可。
メールアドレスは、編集部からの連絡や、現在月2回のメールマガジンの配信に使います。メールマガジン配信を希望されない場合は、「メールマガジン不要」とご記入ください。
ご記入いただいた個人情報(住所・氏名・電話番号・Eメールアドレス)は、メールマガジンの配信、合人社計画研究所からのご案内などに使用することがあります。
個人情報についてはウェンディ編集部が責任を持って管理いたします。

応募はこちらから

BackNumber