Wendy-Net トップページ > マンション管理の基礎知識 > 管理組合の損害保険について

マンション管理の基礎知識

管理組合の損害保険について

 マンションにおいて万一、事故が発生したときに復旧費用の調達に困ることがないよう安定した管理体制を確立し、マンションの財産価値の長期安定と、居住者間の良好な共同生活環境を維持していくため損害保険を有効に活用しなければなりません。

損害保険付保上の留意点

 区分所有法では共用部分に損害保険を付保するためには総会の決議が必要です(法18条4項)。しかし、あらかじめ管理規約で損害保険に関する定めがされていればその必要はありません。
 また、管理組合が共用部分に火災保険を付保する場合、上下階との床スラブ、隣戸との界壁等主要構造部分(共用部分)がすべて保険の対象となるよう「上塗基準」で付保することが望ましいです。「壁芯基準」では、床スラブ、隣戸との界壁は中心線を境にしてそれぞれの専有部分となり付保の対象となりません。

損害保険の請求および受領

 管理組合の理事長は区分所有者の代理として、これらの損害保険契約に基づく保険金額の請求および受領をすることができます。

主な損害保険の種類と内容

Ⅰ.火災保険

 マンションにおいて付保する火災保険の対象となる損害は次のものがあります。

 01.火災
 02.水濡れ・破損
 03.落雷
 04.破裂・爆発(凍結による給排水管の破裂は対象外)
 05.風災・ひょう災・雪災(洪水・高潮などは除く)
 06.建物外部からの物体の飛来・落下・衝突・倒壊
 07.騒じょう・集団行動・労働争議などに伴う破壊
 08.残存物取片付け費用、臨時費用、損害防止費用など

  また、保険の対象にならない主な場合として次のものがあります。

 01.契約者・被保険者の故意・重過失・法令違反による損害
 02.地震・噴火またはこれらによる津波による損害

Ⅱ.地震保険

 地震保険は地震・噴火・津波を原因とする火災・損壊・埋没または流失によって、次の「全損」「半損」「一部損」の認定を受けた場合に地震保険金が支払われます。

 01.全損:建物の主要構造部の損害額が当該建物の時価の50%以上となった場合など
 02.半損:建物の主要構造部の損害額が当該建物の時価の20%以上50%未満となった場合など
 03.一部損:建物の主要構造部の損害額が当該建物の時価の3%以上20%未満となった場合など

 なお、「全損」は地震保険金額の全額、「半損」は地震保険金額の50%、「一部損」は地震保険金額の5%が支払われます。

Ⅲ.施設所有(管理)者賠償責任保険

 共用部分の施設自体の欠陥や不備などが原因の偶然の事故で、他人(組合員・居住者を含む)に怪我をさせたり、他人の物に損害を与えて、管理組合が法律上の賠償責任を負担したときに保険金が支払われます。
 代表的な事故例として、外壁、屋上設置物などが落下し、通行人などに損害を与えた場合があります。

Ⅳ.個人賠償責任保険

 被保険者の居住する住宅の管理上または日常生活に起因した偶然の事故で、他人(組合員・居住者・管理組合も含まれる)に怪我をさせたり、他人の物に損害を与えて、被保険者が法律上の賠償責任を負担したときに保険金が支払われます。
 代表的な事故例として、不注意による漏水で階下に損害が発生した場合や、子どものいたずらにより他人に損害が発生した場合があります。


<<管理組合と自治会 管理組合法人について >>