Wendy-Net トップページ > マンション管理の基礎知識 > 共用部分の専用使用について

マンション管理の基礎知識

共用部分の専用使用について

専用使用権とは

 基本的にマンションの共用部分は区分所有者全員の共有財産であり、特定の区分所有者のみが使用することはできません。しかし、バルコニーや専用庭などは構造上共用部分であっても、特定の区分所有者が専用使用できる権利が認められています。この権利を専用使用権といいます。

専用使用権の範囲

 専用使用権が認められている共用部分でも自由に使うことができるわけではありません。通常はマンションの管理規約や使用細則で使用方法についての制限が設けられています。
 財団法人マンション管理センターから公表されている中高層共同住宅使用細則モデルでは、以下の通り規定されています。

Ⅰ.バルコニー及び屋上テラスについて

 バルコニー等の専用使用者は、バルコニー及び屋上テラスにおいて、次の各号に掲げる行為をしてはならない。

  01.煉瓦、モルタル、コンクリート及び多量の土砂による花壇等(芝生を含む。)の設置又は造成
  02.家屋、倉庫、物置、サンルーム、ビニールハウス、縁側、遊戯施設その他の工作物の設置又は築造
  03.アマチュア無線アンテナ、音響機器及び照明機器等の設置
  04.緊急避難の妨げとなる物品の設置又は放置
  05.手すりを毀損し、又は落下のおそれのある物品の設置若しくは取付け
  06.その他バルコニー及び屋上テラスの通常の用法以外の使用

Ⅱ.専用庭について

 専用庭の専用使用者は、専用庭において、次の各号に掲げる行為をしてはならない。

  01.家屋、倉庫、物置、サンルーム、ビニールハウス、縁側、遊戯施設、その他工作物(地下又は高架の工作物を含む。)の設置又は築造
  02.専用の配線、配管、アマチュア無線アンテナ、音響機器及び照明機器等の設置
  03.コンクリートの打設及び多量の土砂の搬入又は搬出
  04.他の専有部分の眺望、日照、通風に影響を及ぼすおそれのある樹木その他の植物の栽培等
  05.配線、配管、フェンスその他の共用部分等の保存に影響を及ぼすおそれのある掘削又は使用

 バルコニーや専用庭は共用部分であることを念頭において、お住まいのマンション管理規約や使用細則に沿った使用を心掛けるようにしてください。


<<共用部分とは 防火管理者について >>