マンション管理の基礎知識

共用部分とは

 共用部分は、(1)専有部分に属しない建物の部分、(2)専有部分に属しない建物の附属物、(3)専有部分とすることができる建物の部分及び建物で規約により共用部分と定められた部分に分けられます。(1)および(2)の共用部分を「法定共用部分」といい、(3)を「規約共用部分」といいます。

具体的な例

(1)専有部分に属しない建物の部分
 玄関ホール・廊下・階段・エレベーターホール・エレベーター室・電気室・内外壁・界壁・床スラブ・
バルコニー・ベランダ・屋上テラスなど

(2)専有部分に属しない建物の附属物
 エレベーター設備・電気設備・給排水衛生設備・ガス配管設備・避雷設備・集合郵便受箱・配線配管など

(3)専有部分とすることができる建物の部分及び建物で規約により共用部分と定められた部分
 管理員室・管理用倉庫・集会室・ゲストルームなど

共用部分の管理と変更

 共用部分は、管理組合が管理を行います。
 共用部分は、各共有者がその用法に従って使用することができ、その管理は共用部分の変更である場合を除き、集会の決議によって決めます。
 変更(形状または効用の著しい変更を伴うもの)は、集会の特別決議が必要となります。なお、共用部分の変更が専有部分の使用に特別の影響を及ぼすときは、その専有部分の区分所有者の承諾が必要です。


<<管理費・修繕積立金について 共用部分の専用使用について >>