編集部からのご回答

その他

備えておくと良い防災グッズについて

大規模災害に備え、防災グッズを準備したいのですが、何をそろえたらいいのでしょうか。

災害時に必要な備蓄品として、首相官邸のホームページの防災特集では次のものを推奨しています。また、大規模災害時には1週間分の備蓄が望ましいとされています。

【飲料水3日分(1人1日3リットルが目安)、非常食3日分の食料としてご飯(アルファ米など)・ビスケット・板チョコ・乾パンなど、トイレットペーパー・ティッシュペーパー・マッチ・ろうそく・カセットコンロなど】

併せて、非常用持ち出しバッグの中身として、次のものを挙げています。

【飲料水、食料品(カップめん・缶詰・ビスケット・チョコレートなど)、貴重品(預金通帳・印鑑・現金・健康保険証など)、救急用品(ばんそうこう・包帯・消毒液・常備薬など)、ヘルメット・防災ずきん、マスク、軍手、懐中電灯、衣類、下着、毛布・タオル、携帯ラジオ・予備電池、携帯電話の充電器、使い捨てカイロ、ウェットティッシュ、洗面用具、携帯トイレ】

これらの物を防災グッズとしてそろえておくとよいでしょう。

また、災害時に家族がはぐれないように、学校や公園などの安全な場所を集合場所として決めておくことも大切です。

(2018年1月掲載)

回答の一覧に戻る