編集部からのご回答

生活

防犯上注意すべきポイントについて

マンションで生活する上で、防犯上注意すべきポイントを教えてください。

ポイント(1)鍵を掛ける

鍵を掛けることは、当たり前のことと感じられるかもしれませんが、とても大切なことです。警察庁によると、共同住宅における盗難などの犯罪は無施錠の扉や窓からの侵入が、最も多いそうです。たとえマンションの最上階であっても、屋上を通って窓やベランダから侵入されるケースもあります。オートロック式のマンションや、短時間の外出であったとしても各住戸の扉と窓は施錠しておきましょう。

ポイント(2)防犯カメラの設置

多くのマンションで設置されていますが、防犯カメラにより録画されていることが犯罪の抑止力になります。

ポイント(3)コミュニティーの形成

マンション内のコミュニティーが希薄で隣に住んでいる人の顔も分からないといったような状況では、不審者に気が付きにくいものです。住民同士で積極的にあいさつをするなど、普段からコミュニティーの形成を図ることは防犯に有効です。

(2015年11月掲載)

回答の一覧に戻る

大雨対策について

大雨に備えてマンションで対策すべき点を教えてください。

【バルコニーの排水溝の清掃】
バルコニーの排水溝にゴミや落ち葉がたまっていると、雨水がスムーズに排水されず室内に浸水したり、階下に水漏れの被害を与えることがあります。日ごろからこまめに掃除をしておきましょう。

【機械式駐車場からの車の移動】
ピット式の機械式駐車場の地下部分など、地上よりも低い位置に駐車をしている場合、車が浸水してしまう危険性があります。大雨が予測できる場合は、あらかじめ浸水の危険の少ない場所に車を移動させておくとよいでしょう。

【生活用水の確保】
停電した場合、給水ポンプを利用しているマンションでは断水となる恐れがあります。大雨による停電に備えて、くみ置きの水や飲み水を用意しておきましょう。

【土のうの準備】
マンションによっては、外からエントランスホールへの浸水を土のうを置くことで防ぐことができる場合があります。水を吸い込んで膨らむタイプの土のうは、軽量で持ち運びやすいので、準備しておくことをおすすめします。

(2015年10月掲載)

回答の一覧に戻る

フローリングのワックス掛けの注意点

廊下のフローリングにワックス掛けをしたいのですが、どのようなことに注意すればよいでしょうか?

ワックス掛けの前には床面のゴミ・ホコリを取り除く必要があります。掃除機を掛けた後で、かたく絞った雑巾で水拭きをし、完全に取り除きましょう。ゴミが残ったままでワックスを掛けてしまうと、ゴミをワックスの中に閉じ込めてしまいます。

その後で、ワックスは薄くムラの出ないように塗ります。ワックスが乾いた後で、もう一度上からワックスを塗るときれいに仕上がります。晴れた日にワックスを塗ると早く乾燥するので、おすすめです。

いったんワックスを塗ってしまうと、ゴミ・ホコリはワックスの上に載っているだけですので、日々のお手入れはずいぶん楽になります。毎日の掃除は、掃除機でホコリやチリを取るだけで、きれいな床を保てます。1週間に1回、かたく絞ったぞうきんなどで水拭きをし、2〜3週間に1回、洗剤拭きをすれば、さらによいでしょう。

(2015年10月掲載)

回答の一覧に戻る

蜂の巣の駆除について

マンションの外壁に蜂の巣ができていました。できるだけ早く、駆除したいのですが、どうしたらよいでしょうか。

まず、自治体が設ける窓口へ相談するとよいでしょう。多くの自治体では専門業者の紹介や、駆除のための防護服の貸出などの対応が行われています。また、自治体によっては無料で駆除を行っているところや、補助金を出す場合もあります。

駆除費用は巣の大きさや蜂の種類により異なるものの、おおむね数万円程度です。

なお、防護服等の装備なしでの駆除は絶対に行わないようにしてください。蜂毒アレルギーによるアナフィラキシーショックを引き起こすことがあり、生命の危険を招く恐れもあります。

特に秋口の蜂は女王蜂の越冬に向けて攻撃的になる傾向があり、大変危険です。必ず、専門業者にて駆除するようにしてください。

(2015年9月掲載)

回答の一覧に戻る

管理組合と自治会(町内会)の違いについて

管理組合と自治会(町内会)の違いは何ですか?

管理組合は区分所有者の団体であり、共有する財産の管理について「管理規約」を定め、日常の維持管理、建物・設備等の修繕などの資産管理を適正に行うことを目的としており、区分所有者は対象建物を所有すると同時に管理組合に所属することとなります。

これに対し自治会(町内会)は、同じ地域に居住する住民の互いの親睦を図るとともに地域生活の向上を目的とする自治組織で、加入は任意です。構成員は、その地域に居住する人たちで、土地・家屋を所有しているかどうかは問われません。活動例として、お祭りやイベントなどの開催、文化・芸術活動、まちづくりとしての環境美化・清掃・リサイクル活動、地域の防災・安全活動、ボランティア組織による活動や、自主防災組織の立ち上げなど、さまざまな活動を地域に根ざして行われています。

このように、管理組合と自治会(町内会)は加入が必須か任意かに加えて、組織の目的が異なることが違いといえます。

(2015年8月掲載)

回答の一覧に戻る