編集部からのご回答

生活

鳩のフンの掃除方法について

鳩のフンがベランダの手すりなどについています。どのように掃除をすればいいのでしょうか?

ベランダの手すりなどについた鳩のフンを、何の注意も払わずに雑巾などで簡単に拭いてしまってはいけません。鳩のフンには人体に害のある菌が含まれているので、その掃除は慎重に行う必要があります。掃除をするときは専用の雑巾とバケツを用意し、必ず手袋をしてフンを処理するようにしましょう。また、乾いたフンのホコリにも菌が含まれている場合があるので、マスクを着用するなどして吸い込まないよう十分に気をつけましょう。

また、鳩にはフンがある場所に再び飛来する習性もあることから、鳩避けを設置するなどして鳩が近づけないような対策をするといいでしょう。

(2015年3月掲載)

回答の一覧に戻る

窓のサッシ・レールの掃除方法について

窓のサッシ・レールの掃除方法を教えてください。

砂ボコリなど軽度な汚れの場合は、掃除機の先にブラシ状のアタッチメントを付けてホコリを吸い取ります。

固まった泥などは、霧吹きや水を含んだスポンジでレールを濡らし、汚れをゆるめます。

油汚れの場合は弱アルカリ性の洗剤をハケで塗りましょう。1〜2分程度放置してから、歯ブラシやサッシブラシなどでレールに沿ってこすり、きれいなタオルで拭きあげると良いでしょう。

(2015年2月掲載)

回答の一覧に戻る

ハザードマップについて

ハザードマップとは、どのようなものですか?

ハザードマップとは、自然災害による被害の軽減や防災対策に使用する目的で、被災予想区域や避難場所・避難経路などの防災関係施設の位置などを表示した地図のことです。水災や地震災害の他に、火山防災に関するものもあります。

近年は、これまでの常識を覆すような大規模な災害が発生することが多くなっているため、ハザードマップが人的被害を防ぐ対策として大きな注目を浴びています。

災害が起きた際の被害を最小限に抑えるために、自分が住んでいる地域のハザードマップに目を通しておくことは、非常に重要でしょう。

(2015年1月掲載)

回答の一覧に戻る

扇風機の掃除方法について

扇風機の掃除方法を教えてください。

まず扇風機の外せる部品を外しましょう。多くの扇風機は、ガードやプロペラは取り外せます。次に、部品に付着したホコリを乾いた布やハンディモップなどで取り除きます。その後、残った汚れを固く絞った雑巾で拭きとります。最後に、部品を陰干しでしっかりと乾燥させた後に、扇風機を組み立て、ホコリがつかないように大きなビニールなどをかぶせてから収納しましょう。必ず取扱説明書に従って掃除を行いましょう。

(2014年9月掲載)

回答の一覧に戻る

ゴミの分別方法が地域によって異なるのはなぜか

ゴミの分別方法が、地域によって異なっているのは、どうしてでしょうか。

ゴミの分別などの基準については、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」の第6条において、「市町村は、当該市町村の区域内の一般廃棄物の処理に関する計画を定めなければならない」とされています。

各市町村は、その地域の実情に応じて、適切な一般廃棄物処理計画を定める必要があり、循環型社会の形成に向けた取り組みを着実に進めていくことになっています。そのため、地域の実情の違いによって、ゴミの分別基準にも違いが生じています。

地域の実情の違いとしては、埋め立て処分場が不足している、プラスチックを燃やすための高温焼却ができる高性能の焼却炉がある、ゴミの焼却時の熱を利用して、発電などの熱源に利用している等があります。

また、人口が多い都市では、ゴミも多く、それらを細かく分別するためには、ゴミ収集車も分別ゴミの種類に合わせて配備しなくてはなりません。ゴミ収集車を増やすとなると、当然、配備する人数も増えるので、コストの問題もあります。

このように、自治体によって、人口やゴミの量、焼却炉の処理能力などが違うため、ゴミの分別基準にも違いが生まれてきます。

(2014年8月掲載)

回答の一覧に戻る