編集部からのご回答

生活

災害時の備えについて

大きな災害に備えて、自宅でできる備えはないでしょうか?

災害などの緊急時に備えて、防災用品の見直しをしてみてはいかがでしょうか。飲料水・非常食などの「飲食に関するもの」、懐中電灯や予備の乾電池・ローソク・マッチなどの「灯り」、マスク・ウエットティッシュ・ドライシャンプー・救急用品などの「衛生用品」、防寒具や下着などの「衣類」、その他災害情報収集のためのラジオなど、各ご家庭の住宅環境や家族構成により必要なものを備蓄しておくと良いでしょう。ただし、非常食や飲料水には賞味期限がありますので、注意が必要です。

また、備蓄するだけではなく、すぐに持ち出せるように一つの袋にまとめて保管・設置しておくことが大切です。

(2013年2月掲載)

回答の一覧に戻る

冬場の節約方法について

冬にできる節約について教えてください。

冬場、特に気を付けたいのが光熱費です。家庭でできる、簡単な節約術をご紹介します。

(1)電気カーペットの下に断熱シートを敷く。

電気カーペットを床に直接敷くと、床を温めるために多くの電気を使います。電気カーペットの下に断熱シートを敷けば、効率良く床を温めることができます。

(2)暖房は20度に設定し、余熱を活用する。

暖房の設定温度を下げることは節約だけでなく、エコにもつながります。また、暖房を切ってもしばらくは暖かいので外出前や就寝前は余熱を利用しましょう。

(3)冬こそ扇風機を活用する。

暖かい空気は上に昇る性質があるので、扇風機によって空気を循環させましょう。

(4)カーテンを厚手で、床ぎりぎりの長さのものにする。

窓は熱が逃げる場所なので、隙間を作らないことが部屋を効率良く暖かくするポイントです。

(5)室内でも厚着をする。

室内でも厚着をすれば、暖房の設定温度を上げずにすむので、節約・エコにつながります。

(2012年12月掲載)

回答の一覧に戻る

部屋干しの臭い対策について

部屋干しの臭いが気になります。何か良い対策方法はないでしょうか。

風通しの良い場所で、衣類同士がくっつかないようにして干すのは基本ですが、洗濯物を干してすぐに市販の消臭除菌スプレーなどを吹きかけておくのも臭い予防になります。乾いた後から吹きかけるよりも、乾く前に吹きかけるのが効果的です。

また、月に1度は洗濯槽の掃除をして、洗濯槽を清潔に保つことも大切です。 

洗濯が終わった後は、湿気がこもって雑菌等が繁殖しないよう洗濯機のふたを開けておくようにしましょう。

(2012年11月掲載)

回答の一覧に戻る

バルコニーにアンテナを設置しても良いか

私が住んでいるマンションには、CS放送を視聴するための共同アンテナが設置されていません。自分で、バルコニーにアンテナを設置してもいいのでしょうか? 

マンションの各住戸にあるバルコニーは共用部分です。該当住戸の住人が独占的に利用していますが、それは住戸ごとに専用使用権が与えられているためであり、あくまでも共用部分ですから、使用方法についてはマンションのルールに従う必要があります。

一般的なマンションでは、使用細則を定めて、バルコニーの使用方法等を制限している場合があります。バルコニーにTV用アンテナを設置する行為は、美観を損ねるとの理由から、禁止しているマンションもあります。

まずは、お住まいのマンションの管理規約や使用細則を確認し、不明な点がある時は管理組合や管理会社に相談してみましょう。

(2012年10月掲載)

回答の一覧に戻る

玄関扉の色を変えたいのですが

マンションに住んでいます。玄関扉を明るい色に変えたいのですが、個人で行っても問題はないのでしょうか。 

国土交通省の定めるマンション標準管理規約はマンションの玄関扉について、「玄関扉は、錠及び内部塗装部分を専有部分とする」と定めています(第7条2項2号)。言い換えれば、玄関扉の外側(開放廊下側)は共用部分ということになります。これは、マンションの外観の保全を目的としています。一般的にも、同様に定められているマンションが多いようです。

従って、一般的には、玄関扉の内側(部屋側)については、個人の自由で色を変更しても構いませんが、玄関扉の外側の色の変更は「共用部分の変更」にあたり、総会決議が必要となります。

また、総会で決議されたとしても、個人個人が好きな色を選ぶことはできません。

(2012年9月掲載)

回答の一覧に戻る